staffblogでタグ「アニメ」が付けられているもの

ごきげんよう、のえるです。


『コンシューマゲームの行きつく先は...』


E3が行われましたね。
世界で一番早く「PS4」と「XBOX ONE」に触れることのできる機会だったかと。

ここでいろいろと新しい情報が出てきましたが、その中でも特に驚いた&関心したこと。
それはなんと「XBOX ONE」の仕様。

たとえば24時間に一度認証が必須という話。
昔であれば「え!?何その面倒臭い仕様は!」となるとこでしたが、今の日本では常時接
続はあたりまえ。
24時間に一度認証をするなんてのは、なんとも思いません。

でも。
これって「日本ならば」なんですよね。
逆にE3を開催したアメリカでは日本にように「光通信があたりまえ」みたいになっていな
いんですよね、以外にも。
だからこの仕様は「アメリカとかでの市場縮小にならないか?」とも言われてます。
たしか北米ってアナログ回線が中心じゃなかったですか?

あと、かなりユーザーに優しい仕様になったというか。
ディスクのゲームはプレイしながらHDDにインストールできるとか。
中古での売買を正式に対応してるとか。
特に後者は日本のゲーム事情では「えっ!?」って思うような運用ですね。

しかしこれは斬新なのか迷走なのか。
XBOX360ではキネクトなどが日本の住宅事情に合わず、
XBOXONEでは通信状況が米国の通信整備事情に合わない

いろいろと面白いものを、コンシューマ機ならではのことをやろうしていますが果して。
様子見のためにこじんまりとした感のあるPS4といい、どうなっていくのでしょうね。
楽しくもあり、不安でもあり。
そんな現在のゲーム開発事情だったり。


それではまた、ごきげんよう。

環境整備

|
環境整備
G.Fです。こんにちわ。

カラ梅雨かと思えば台風。とはいえ微妙な勢力でしたけども。
気候が不安定なので、この時期特有の倦怠感に襲われております。
エアコンやらなにやらに身体を慣れさせて行く感じでしょうか。

年々当たり前ですが年を取っていくので、普段使う道具、環境を
整えることは気力につながります。

そんな訳で、ついに椅子を買いました。
自宅ではPCは座椅子用に低いデスクに設置されているのですが、
座椅子ではやや高いデスクなので、座椅子の下に物をおいて、
少し高めの座椅子、を作って使用していました。

しかしまぁ、不安定この上なく、このままで腰も疲れてしまうなぁ
と考え、ちょうどよいサイズの低めの椅子を購入。
これがさすがの安定感で、リクライニングもできるので少し倒して
休むこともできるし部屋の中の『定位置』になりました。

これでPCに向かっての作業も捗る!


と、今週はE3でしたね。
個人的に驚いたのはPS4の値段でした。
発表されているスペックでPS1~2のスタート時と同等の金額での提供を
目指しているということで、一応PS3の時の反省はあるのかな、と。
ゲーム機はやはり娯楽の機械であり、電化製品ではないと思っています。
子供がねだって親が買える金額、バイトで貯めた金で買える金額、この辺を
超えてしまうと普及自体に影響が出てしまう気がします。
特に近年はゲームにお金をかける機運が下がっていますし『割高』と感じさせると
マイナスに転がるのは明白です。

とはいえ、時代時代で要求される能力は上がり、進化しています。
なのでただ安いだけになっても下降線を下るばかり。
難しいですよねぇ。

PS4にもXBOX ONEにも、もう一度コンシューマゲームを盛り上げ、
牽引して欲しいなと思います。


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

いま健康であること

|
ごきげんよう、のえるです。


『いま健康であること』


普段何気なく過ごしていると気づかない「健康」だという事実。
隊長を崩して休んだりすると、とたんに意識したり。

自分の好きな声優さんや作家さんが病気療養したりすると、さらに意識するのですが...。

この6月上旬という時期。
2年前の2011年の6月9日。
大好きな声優・川上とも子さんがお亡くなりになった日です。

過去の日記でも何度かふれましたが、本当に泣いた。
今だって日付をみてまた少し想いがあふれて泣きそうに...。

...そうなんですよねぇ。
川上さんが亡くなってもう2年ですか。
わかってはいるし理解してるけど、実感がわかないという部分も。

声優さんって「過去の人」ってのがないんですよね。
アニメやゲームなどの作品に「声」という命を吹き込んで下さる声優さん。
その作品はいつまでも残っていくものなんです。
だからその作品に携わった人の想いもずっとずっと受け継がれていくもの。

川上さんも「Air」や「Kanon」などを見ればいつでも声が聞こえる。
アニメを見てる間、ゲームを遊んでる間は川上さんはすぐそこいいるんですよね。
それが「声優」。

また今年も9日は少し泣くんだろうなぁ...。
そして少し泣いたら、また前を向いてがんばろう@がんばろう!


それではまた、ごきげんよう。

6月6日に......晴れ、だな。
G.Fです。こんにちわ。

梅雨時期なのに今週は晴れていたので少しじめっとするものの、
過ごしにくくはない感じでした。
何よりまだヤツらの気配を感じていないのが大きい......。

しかし油断はできないので今年もコンバットを仕掛けて虫コナーズを部屋の随所に配置しました。
ここ数年はこれらの対処によってか見かけることは少なくなってはきましたが、
まだ完封はしてないんですよねぇ......。
一度見かけるまでが平穏。一度見かけると不安が秋まで続きます......。

仕事の方もぼちぼち忙しくなってきましたが、まだ全く休みが取れない、というほどでもない状況。
今のうちにインプットを増やしておきたいなぁ、ということで少し本を購入。
ラノベの新規開拓とミステリ系の新書を数冊、そしてエッセイなんかも。
しかし、ここにきてネットの小説が面白く、なかなか購入した本の消化が進みません。

よく見ている小説サイトにはいわゆる主人公がある日突然異世界へ、という異世界ファンタジーもの
が多く、それが人気であるゆえに同系統の作品が多く書かれているという分かりやすい傾向があります。
風潮としても、この形が多いように感じます。ブームは繰り返すのだなぁ。
その中でも解釈や書き方にはそれぞれの手法があるので、其の辺を比べるのもまた楽しく、
興味深いです。

気になる漫画もちらほらあるのですが、面白い漫画は一気に読みたいので、既刊数が少ないと
躊躇してしまいます。(多すぎても躊躇しますけどね)

見に行きたい映画もあるけど、まだやること(アークスの任務)もあるからどうなるか。


さて、来週はいよいよE3。何が発表されるのか楽しみです。
先行情報が色々出てきていますが、サプライズはあるのか......。


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

戦争は嫌い、でも戦車は好き

|
ごきげんよう、のえるです。


『戦争は嫌い、でも戦車は好き』


5月も終わりです。
6月はいよいよ『まじこいA-2』ですね。
気になるのはクッキーかな、やっぱ。
あとコンプエースでやってた連載も無事に終わりましたね。
あれは非常に良いコミカライズでした...。


話は変わりますが、少し前にガルパンの公式ガイドブック


「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー 」

※アハトゥンク:「気をつけ!」という意味


を購入しました。
内容はほぼ戦車の記事ばかりですが、実は私はこーゆーの大好き。
普段がアニメ話ばかりなのでフィギュアとかアニメプラモとかばかりにしか興味がなさげ
に思われがちですが、実はスケールモデルもかなり好き。
おそらくはすべてのジャンルのスケールモデルに手を出してます。
戦車や戦闘機、戦艦などは当然ですが城や神社、建物等のジオラマから古民家プラにいた
るまで様々です。

古民家プラモの田んぼって、実際に水を湿らせた綿の上に種を蒔いて、本物の草を生やす
って知ってた?

さてさて。
そんなワケで当然戦車も多く作ってきた私。
最近出たガルパン仕様も購入しましたが、それ以前の戦車もかなりのモノ。
中でも一番思い入れがあるのはキング・タイガーこと「ティーガーII」。
いろんな戦車を見ましたが、やはり私のなかではティーガーIIこそキングです。
あの前面装甲はまさにキングにふさわしき鉄壁の守備です。

タミヤからモーター稼働のプラモが出てて、夢中になって遊んでました。
内部にモーターが2つ搭載されて、左右のキャタピラをそれぞれ独立稼働させてます。
なのでリモコンも左右にレバーがあり、それを前後に倒す組み合わせで動きます。
この動きはゲームの基本ですね。
ナムコの「アサルト」や、セガの「バーチャロン」なんかを思い浮かべるとわかり易い
んじゃないでしょうか。

...うーん。
パーツを豊富にカスタマイズできるバーチャロンとか遊んでみたいなぁ...。
などと思う今日このごろでした。


それではまた、ごきげんよう。パンツァー・フォー!

梅雨入りとともに

|
梅雨入りとともに
G.Fです。こんにちわ。

まじこいのコンプエースのコミカライズが終了しましたね。
なんというか、いろいろ満足な連載でした。
ゲームや小説など原作があるもののコミカライズは、なかなか難しいと思います。
それぞれに原作で頭に思い描いたビジョンがあると思うので、良くも悪くも裏切られる
ことが多いのかな、と。

個人的には、コミカライズの場合は絵がつくことで視覚的に原作を補完して楽しむ、
という感じで読むことが多いのですが、まじこいに関しては、原作の思い描いていた
ビジョンにしっかりと沿う感じで、更にマンガ的な演出やコミカルな表現もあり、
とても満足でした。
絵も綺麗で、wagiさんのデザインのキャラクターが原作とはまた違った感じで活き活き
していたように感じましたし、できればもっともっと続いて欲しかったなぁ、と。
物語的には一段落してしまっているので仕方ないですけどね。

著者の犬江しんすけさんにも注目して行こうかな、と。
既刊の『ヘヴィーオブジェクト』についても、こちらも原作ファンなので購入しています。
こちらも続いて欲しいんだけどなぁ......。

とはいえ、最近漫画を開拓していないなぁ。
時間のあるうちに本屋に足を運んでみたいと思います。


それでは今回はこの辺で。あ~る~。


ディレクター G.F

ごきげんよう、のえるです。


『好きな声優さん、大好きな声優さん』


現在放送中の「はたらく魔王さま」の鈴乃がカワイイ。
声が伊藤かな恵にゃんだというのも最高!かな恵にゃん!

にしても。
声優さんって、大半のアニメファンにはどんな認識なんでしょうかね?
自分で言うのもなんですが、私なんかは好きな声優さんは写真集まで買ったりするレベル
の声優ファン。
でも広意でのアニメファンは「キャラに声をあてる人」でしかない。

小さい頃は私もそうでしたが「うる星やつら」で平野文さんや古川登志夫さんを「声優」
として意識したのが私の初声優ファンでした。
お二人ともまだまだお元気で、素晴らしいかぎり。

そんな私が最近気に入ってる、いわゆるアイドル声優は伊藤かな恵にゃん!
やっぱ「とある科学~」の佐天さんが好きだからってのが大きいけど、写真集の着物姿も
かなりポイント高かったなぁと。

写真集と言えば。
「きみある」で揚羽さまの声をやられ、山寺さんとご結婚なされた田中理恵さん。
彼女の写真集「彩りえ」も3冊出てますね。むろん全部もっておりまふ。
理恵さんというと今なら「ハヤテのごとく!」のマリアさんってイメージですが、私が
「声優田中理恵っていえば?」と聞かれると「鋼鉄天使くるみ」のサキですね。
あっちゃんが声あててたくるみが大好きで「ねえさんっ♪」ってボイス最高。

ハヤテで思い出したけど、ハヤテ作品の中で一番好きな咲夜の声優植田佳奈さん。
彼女のイメージはやっぱり「魔法少女リリカルなのは」シリーズのはやてですね。
あの声、いいですね。
声優でやっぱり「あの人の声いいね!」と思える人がすごくいい。

あと「きみある」で森羅さまの声の伊藤静さんもイイ声ですよね。
一声聞いて「あっ!」って感じる声優さんは大好きです。

そんな声優さんの音声データをプログラムに組み込んでいる時間。
至福です♪


それではまた、ごきげんよう。

続・雨風とともに

|
続・雨風とともに
G.Fです。こんにちわ。

先週に引き続き雨風に負けず奮闘中(何を?)

さて、のえる氏が声優について触れていたので自分も少々。
仕事柄収録に立ち会うことがあるので、自分にとっては仕事を始めてからは
『役者さん』という感じです。

ものすごく感情移入して感覚で演じてくださる方もいれば、様々な技術の引き出しを
活用して表現してくれる方もいます。
立会の度に新しい発見が有り、また命を吹き込んでいただくことで見つかる
改善点なんかもあります。
文字で読むのと声で聴くのは同じ文章でも大きく違いますからね。
現場での調整も含めて収録を経てシナリオに命が吹き込まれていきます。

この作業でシナリオが立体的になるので、やはり重要な部分ですし、
声優さんにはいつも感謝をしています。
ADVではいわゆる『紙芝居』と言われることもあるように、アニメとは違い、
キャラクターがなめらかに動くわけではありません。
それにもかかわらず、声を吹き込むことでキャラタクターが『そこに存在している』
という説得力を持たせてくれるわけです。
動きがあるアニメとは違い、ゲームにおける音声の比重はやはり大きいと思います。

テキストノベルなんかの『読み物』では声がない場合もありますが、
ADVとしては、やはり音声は欲しいですね。
様々なハード、形態がありますが、丁度最近も声優さんとお仕事をする機会があったので、
より強く思います。
声に負けないゲームを作らなければいけませんね。


それでは今回はこの辺で。
なかなか出ない素敵なステッキを求めて。


ディレクター G.F

ごきげんよう、のえるです。


『開発と運営・営業の連携ってなんだろうね』


ゲーム会社内での部署毎の連携ってなんだろう...ってたまに思う。
というのも相変わらず遊んでいるPSO2が、どうにも出来てなくて。
可能なら俺がやってやろうか! って思うほどもどかしい。

なんといいましょうかね。

「過去に修正した不具合が今回追加した要素が原因で、形を変えて再発した」

というケースがアップデートの度にあたりまえのように起きてるのが。
オンラインゲームって本当に大変なんだなぁと感じた。
まあ、知ってはいるけどそれでも忘れてはいけないのは、

「ユーザーはそんな内部事情しったことない」

ということなんですよ。
オンゲーに限らずゲーム開発でいろいろと問題が発生しても、ゲームを購入して下さる
ユーザーさんにはそんな事情は伝わらないし、伝えてはいけないんです。
...まあ、時にはぶっちゃけてやろうか! って時もありましたけどね。

そーゆー時のイライラってひどいもんです。
まあ、そんな時の私にはG.Fは敏感に察知して話しかけてきませんけど^^

本当はその状態になる前になんとか作業を全うしたいんですけどね。
実際はそうそう上手にはいきませんゆえ...。

はたらく魔王さまの鈴乃でも眺めて癒されてこようかな...。
和服キャラで声が伊藤かな恵にゃん! サイコー


それではまた、ごきげんよう。

雨風と共に

|
雨風と共に
G.Fです。こんにちわ。

気温も上がり、半袖でもいいかなぁ、と思いますが、合わせて雨の時期にも入って来ました。
長靴を履けた子供時代とは違い、雨が降ると靴が濡れてしまうのが難点です。
防水スプレーをしても梅雨時期はなかなか厳しいので、合皮で隙間の少ない靴を購入しました。
隙間が少ないと、ムレるという難点もありますが......通気性の良い靴と使い分けて行こうかと。

と、こんな話題をしているということはつまりは5月も終盤に向かっているわけですね。
上半期の追い込みに向かっています。

野球も交流戦に入り、DeNAが踏ん張っていい位置につけているのがなかなか面白いです。
今年はHRの数が一気に増え、球が変わったのかな、という感じですが実際はどうなんでしょう。
ブランコ選手はこのまま行ったら何本打つのか......。
ただ、日ハムが心配ですね......ここ数年でここまで不安定なのはなかったような。
交流戦で勝ち上がって欲しいです。

春アニメも中盤戦。
現在は安定の超電磁砲がやはり楽しみですかね。
原作の流れなので安心して視聴しています。
早く上条さん出てこないかなー。
超電磁砲では主人公ではないですが、やはりこの世界では上条さんに活躍して欲しいのです。

そんな感じでつらつらと考えながら仕事も中盤戦に。
『雨風と共に』力を蓄えて行きたいと思います。


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

ちょっと名古屋めしについて

|
ごきげんよう、のえるです。


『ちょっと名古屋めしについて』


今放送されているドラマ「めしばな刑事タチバナ」。
こちらは少し前に読んで気に入ったのでコミックをそろえていたららドラマ化。
自分としてはかなりいいタイミングでやってくれたなぁと。

それで今週の話が「名古屋めし」。
いやー...いいですねぇ...名古屋めし。

アバンではコメダのみそかつサンド。いきなりきたねぇ。
でもって矢場とんのみそかつ。
名古屋のみそかつといえば、やっぱ矢場とんですよね。

そんでもって手羽先がでてきて、世界の山ちゃんが話に出てきて。
それを見ながら私は「俺は風来坊派なんだよなぁ」と思ってたらソッチも登場。
いやーわかってるねぇ。

その後あんかけスパの話になったんだけど、そこで出たのが鉄板ナポリ。
そう!名古屋のナポリタンは鉄板なんだよ!
いやー...そういえば長いこと食べてないなぁ...。

そのあとも台湾ラーメン、味噌煮込みうどん、カレーうどんと麺ラッシュ。
豊橋のカレーうどんは下にとろろをかけたごはんをいれてあるんだよねぇ。
これは一度食べてみるべき!すごいよ!

そして今回はおまけの甘味部がもえた!
自分的には「コンパルの小倉トースト、キターッ!1」ってなりましたね。

深夜の食後に、おなかをぐーぐー言わせながら見てました。
いやー食事って楽しみたいですね。

さあ、明日のお昼はUFOのわさびマヨ味を楽しんでみようかなぁ。
いつまでも食事を楽しめるように健康でありたいです。


それではまた、ごきげんよう。

季節の変わり目

|
季節の変わり目
G.Fです。こんにちわ。

春も深まりまくり、既に初夏の装いを見せ始めた今日この頃。
気温も上がってきましたし、お祭りにも遭遇するようになりました。

季節を感じられる光景を目の当たりにするのはやはり楽しいですね。
季節感のない仕事をしているので、ふとした瞬間に季節感を感じられると、
なんだかホッとします。

母の日も近いので、先日実家に送ったタブレットとテレビ電話をしてみましたが、
離れていても気軽にこういう形でコミニュケーションが取れるのはすごいですねぇ。
Vitaのパーティ機能も試してみましたが、ゲームを起動しながら通話ができると
いうことにファミコン時代からゲームをしてきた世代からすると驚きます。

今はとにかく「繋がる」時代、なのですかね。
ツイッター然り、LINE然り、FB然り、オンゲー然り......
PSO2もチームメンバーと集まった時の楽しさはソロのそれとは全く違います。
継続の力にもなりますし。

先週ののえる氏とも近いですが、ADVおける『繋がり』とはなんなのだろうなぁ、
と少し考えるのでした。


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

ゲームもソロ→多人数が一般かな

|
ごきげんよう、のえるです。


『ゲームもソロ→多人数が一般かな』


GWのお休みも終わりましたね。
私は最後の2日間だけお休みをもらってその日はPSO2どっぷりと。

PSO2はオンラインゲームなので、当然まったく知らない人とも出会います。
おまけにPSO2は「同じ名前のキャラ」というのも作成可能なので、アニメや漫画のキャラ
名なんかをつけるとロビに同名キャラがあふれてしまいます。

さて私の「のえる」という名前。
元々はフランス語のクリスマスの事ですが、キャラ名としては珍しいものではナイです。
とはいえ「ノエル」とか「noel」という綴りがほとんどですね。

そんな中私が遊んでいるサーバにて私とおなじ「のえる」という平仮名のキャラ名の人が
おります。
漫画とかで平仮名の名前でみたことあるのは「ミントな僕ら」に出てくる主人公くらいで
すかね。

そんな他の「のえる」さんと何度かゲーム内で会ってたので、先日ちょっとお話してゲー
ム内の名刺交換しておきました。
まったく知らない人との交流ってのがオンゲーの魅力なんでしょうね。
まあ、最近は時間を取れないことも多いのであまりしてませんけど。

昔ドリームキャストでPSOしてたときは、そりゃもう交流してましたね。
乱入自由な部屋をみつけては突入して一緒に遊んで。
まだ「いろんな人と一緒に遊ぶだけで楽しい」という時代でした。
今はもういろいろと情報が整理されて、装備がどうとか暗黙ルールがどうとか。
気軽にやるにはなかなか敷居が高いですよね。

ゲームってのは昔は一人で遊ぶものでしたけど、いわゆる広意での「多人数で遊ぶ」とい
うものがゲームになってきましたね。
オンゲーもソーシャルゲーも多人数であることに意味があり。

私たちが主にやってるストーリー主体のアドベンチャーゲーム。
これも「多くの人が参加することに意味がある」という要素を考慮していく時期なんでし
ょうか...と思う今日この頃でした。


それではまた、ごきげんよう。

GW終了。......糸冬。

|
GW終了。......糸冬。
G.Fです。こんにちわ。

特に長期休暇を取れたわけではないのですが、少しは休めたGWも終了してしまいました。
今年は暦的にも土日にバッサリかかるという微妙な流れでしたが、閒をまとめて休む
ところもあったのですかね。

関東は天候にも恵まれたようで各地賑わっていたようですね。
活気があるのはいいことです。

自分は休んだ日に部屋の整理をしたりして今のうちに窓を開けたりして少しのんびりしました。
もう少し経つと窓を開けるのが怖い時期になりますからね......そう、黒い悪魔が......。
少し早目ですが彼らが嫌がる消臭剤なんかを配備し、徹底抗戦の構えです。
疲れて帰った時にお出迎えされるともう......。
このまま平和な春が続けばいいのに......。


さて、子供の日に国民栄誉賞の授与式がありました。
選手としての氏はほぼ知りませんが、メークドラマ、ミラクルをリアルタイムで見た世代なので、
長嶋さんの姿を見ると、何だか感慨深いものがありました。
そして、松井選手の巨人のユニフォームもまた、グッと来るものがあります。

色々言われている受賞ですが、記憶に残る受賞者だと思います。
他社に与えた影響を考慮すると、記録には代え難い功績でしょう。
ともかく、おめでとうございます。

なんだか久しぶりに華やかな式典で、元気をもらいました。
このまま長嶋さんも、日本も、ゲーム業界も元気になっていけばいいですねぇ。(しみじみ


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

ごきげんよう、のえるです。


『なんとなく美味しいモノ食べたい気分』


現在「めしばな刑事タチバナ」ってドラマやってますね。
この漫画は少し前から読み始めて、いま一番読んでるマンガです。

このマンガで扱っているモノがいいんですよ。
かの有名な「美味しんぼ」ってやっぱり至高vs究極って図式なので高級イメージが付随し
てしまうんです。
でもこの「めしばな」ではインスタント食品や缶詰、立ち食いチェーン店などの庶民食事
が主なテーマなんです。

そうなるとまあ、私が話すのはやっぱりカップ焼きそば「U.F.O」ですねぇ。
未だに週イチで食べてる好物。
「めしばな」の原作漫画でも触れていた話ですが、麺がストレートになってしまったのは
大きなマイナス要素なんですけどね。
私以外にも案外いるU.F.Oファンも大半がちぢれ麺派です。ハヨ戻せー...

ヤキソバといえば。
いま牛丼チェーン店で現在トップに君臨しているすき家で「やきそば牛丼」やってますね。
単純に牛丼にやきそばがのってるだけですが、この組み合わせは私には凶器。
凶器で狂喜です。

ところが時期を同じくしてライバル店の松屋が「しょうが焼き丼」という手段。
いや~...私、生姜焼き大好きなんですよ。
初めて入った定食店などは生姜焼きを食べて、その店の自分なりの良しあしを決めます。
そんな生姜焼きのどんぶり。いやー...これがイイ。
しょうがとニンニクがしっかり効いてて。

しかも。

販売初日ではごはんがちょっとさびしい感じがしたのですが、その後再び行ったときは
ごはんにも結構汁がかかっているようになって。
これは単純に嬉しかった。

ちなみに松屋の白いご飯には「カルビソース」が結構あうんですよね。
これも「めしばな」で得た知識ですが、けっこううまい。

こんな感じで手軽で安いメシ。
これがなんともいいんですよねぇ。
仕事が忙しくなってきたときに、こーゆーのを食べて頑張るんです。
好きなメニューは期間伸ばしてほしいなぁ...。


それではまた、ごきげんよう。

年度切り替えを大いに実感

|
ごきげんよう、のえるです。


『年度切り替えを大いに実感』


\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!

2013年春のおおよそ見たいアニメが出そろいました。
まずはやっぱり「俺の妹が~」と「とある科学の~」の第2期。
どちらも第1期から大好きでBDもそろえた作品。また全部買うんだろうなぁ。
他にも興味を惹かれる作品がやまほど。
「ニャル子W」や「R.D.G」などもそうですが、オリジナル作品も多いですね。

ですが、今季「おおお!これは外せないよなぁ」という作品が。
それは「宇宙戦艦ヤマト2199」。

...いや~...いいですよねぇ、ヤマト。

地中に傾いて埋まっている状態から、船体を起こして発進する場面。
過去のヤマトでもかっこよかったけど今回も震えました。
第1話のEDで流れた今回のOP。
アレもすごくいいです。
オリジナルのささきいさお氏のソロverと比べるのは野暮ですけどね。

私が記憶している初めて作った(作ってもらった)プラモデルは「ヤマト」でした。
ヤマトのプラモデルは好きで、自分で組めるほどの年齢になったときはガミラス艦は当然
ですが、「超巨大戦艦」なんかも作ってました。
そんなことをしてたせいでしょうかね。
「宇宙戦艦ヤマト」の曲を聴くだけですごくテンションあがって。


でも、こーゆー「自分の外せない曲」って誰でもありますよね。


2012年のアニメでは「ささみさん@~」のOPがよかったけど、さすがにここまで自分の
中には染み込んでしません。
ここ何年かではやっぱり「STRIKE WITCHES ~わたしにできること~」ですかね。
大変なときとかにはコレを聞いてる気がします。

今回はアニメの話でしたが、これがゲームだという人も多いかと。
もし私が携わったゲームが誰かの心にずっと残っているようなことがあれば、それこそ
開発者冥利につきますね。
ただ単純に嬉しい、そう思います。


それではまた、ごきげんよう。

節目の時期

|
節目の時期
G.Fです。こんにちわ。


4月は新年度ではありますが、それ以外にも何かと節目になる出来事があります。
私事で言えば、久しぶりの免許の更新がありました。
初の優良講習だったので、これまでと比べ非常に短い時間で済み、驚きました。
これぞ優良の証か! と思いましたが、単にペーパーなだけなんですよね。
なんにしても優良というのはいいものです。

短時間ながら久しぶりに「講習」を受けましたが、学生の頃はあんなに退屈だった
"なにかを教わる"という時間が今では貴重に感じます。
社会に出てしまうと"なにかを教わる"だけ、と言う時間は少なくなりますからね。
教わるというよりは覚えていかなければいけません。
学生時代に戻れるならばもう少し授業をありがたく受けただろうなぁ、と思いますが、
それは今だから感じられることなのでしょうね。

学生時代のように時間を与えられてしまえば、またきっと教わることよりも
好きなことを優先してしまうようにも思います。
そしてこんな渇望や願望が、学園モノを輝かせ続けるのかな、とか思ったり。


他にも、ついにあの「どうでしょう軍団」が新しい旅に旅立ったり、
私が業界に入る直前にプレイした、まさに「憧れの学園モノ」の少し特殊で忘れられない
作品に関わっていたライターさんが、旅立たれました。
アニメ、ゲーム業界に大きく証を記して行かれたと思います。

なんだかまとまりがないですが、色々なことがあるなぁ、
とふと振り返るのでした。


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

春っぽい いいね春っぽい

|
ごきげんよう、のえるです。


『春っぽい いいね春っぽい』


時折寒い日もきますが、年度も切り替わって暖かい日が増えてきました。
寒暖差が大きくてうっかり咲いた桜がちってしまったりと、桜を見るには微妙かも。

東京だと上野公園の桜とかいいですね。
去年休日に満開の桜の下を散歩したこともあります。
これで花粉がなければ最高なんですけどね...。


さてさて。
そんな感じで年度が切り替わって。

決算に合わせて3月末までに発売されるゲームって多いですよね。
とはいけ今は目下PSO2ばかりやってます。
PCでもPSVitaでもやれてしまうのはイイですね~。
実際に自宅で布団で寝転がったままVitaでプレイしたりしてます。
極楽なう。

あと年度切り替わりといえばアニメの切り替わり。
今回の春アニメは「俺の妹が~」や「とある科学~」の続編があったり。
あと原作をずっと買ってた「デート・ア・ライブ」も満を持してアニメ化。
これだけでもかなり満足ですが、他にもいろいろありますねぇ。


とはいえ。
今ちょっとだけ仕事が忙しくなってきて。
先週とかは予想外に時間をとった仕事があったので、進捗を考慮して数日泊り仕事を
したりしてます。
...PSO2で行きたい緊急が来たら、いったん休憩したりしますけどね^^

あーあ。
緊急ヴァーダーこんかなぁ~。

それではまた、ごきげんよう。

年度末になりました

|
ごきげんよう、のえるです。


『年度末になりました』


毎月末に発売されてるコミック誌「コンプエース」。
元々はなのはVivid目的で買ってましたが、今はまじこい連載が2本あります。

そんな中いよいよ川神大戦のクライマックスに突入。
アニメ版では燕が登場してきましたが、コミックではなんと...!

これは是非とも本誌またはコミックを買ってみてほしいですね。
もしタカヒロ氏作品の往年ファンならば「おおおっ!」となるかと。
なんでかは詳しくは言えませんけどね^^


それにしても...年度末です。
おかげで今週で終わるアニメの多いこと多いこと。
今期一番楽しくみてた「ささみさん@がんばらない」も終了。
原作にそっていたのでまだまだ話が途中に感じてしまうのはしょうがないと。
かなり面白くできていたかな...と思いました。

...でも。
製作がシャフトさんってことなので期待値が高すぎるんですよね。
だから実際に放送されたアニメとか見てると、シャフトさんの他のアニメに比べてちょっ
と作りこみが足りなくて残念...という気持ちも。

なんというか「工夫が足りない」という感じでしょうか。

これはアニメのみならず、ゲームでもいえることですね。
同じストーリーで同じ音声同じ音楽。
でも、そこにつけられる「プラスワン」な演出がどれほど大切か。
「ささみさん@~」を見てると説明セリフ多過ぎだな...とか。
これが「化物語」とかだと同じ説明セリフでも画面構成やセリフのエフェクト加工とかで
単調にならない工夫が延々と施されていたんですけどねぇ。

そのあたりができてたらBDも買ったかもしれません。おしい!
さてさて、春アニメはまた忙しいぞ!
なにより「俺の妹がこんなに~」があるし。

仕事もだんだん忙しくなってくるころだ。
アニメを見ながらこれからも@がんばります。


それではまた、ごきげんよう。

創意工夫が目指す先

|
ごきげんよう、のえるです。


『創意工夫が目指す先』


アニメのノイタミナ枠がすばらしい。

春アニメは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」という名作が。
EDの「君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない~」というフレーズが聞こえて
くるだけでいまだいろんな感情が。

夏アニメでは「うさぎドロップ」。
深夜アニメ時間帯でありながら、その内容は非常に人の心をなごませる内容。
今の時代に失いかけてる人とのつながりを子供に教えてもらう内容に、不覚にも涙腺が
ゆるみそうになることも。

秋アニメも...期待していいのかな?
ノチタミナ枠で「BRS」やるみたいだけど...あの人かかわってくるんだよねぇ。ハァ


そんな感じでアニメを主に見ていますが、毎週私がアニメ以外で楽しむ番組。
「劇的ビフォーアフター」というリフォーム番組。
内容詳細は有名なので割愛ですが、なにが面白いのか。

それは「住む人に合わせたリフォームの創意工夫」です。

モノ創りが好きな人間には、「こんな工夫をしました!」的なアイディアを見ていると
面白いものなのです。

いろんな廃材を使ってのリフォームに関しても、発想の豊かさを感じて素直に感心して
しまいます。
そういった柔軟な発想はモノ創りをする人間に必須なんですから。


そして最後に依頼主の笑顔。
それを見るといつも「ああ、よかったなぁ」と他人事ながら思います。

畑は違いますが、モノを作って提供して笑顔にする。
これは製作仕事に携わる人間すべてに共通する目標で喜びです。

そんな基本であたりまえだけど忘れがちな事。
毎週この番組を見るたびに心に留めてます。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

タグ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30