staffblogでタグ「きみある」が付けられているもの

あけました@がんばりましょう

|
ごきげんよう、のえるです。


『あけました@がんばりましょう』


明けましておめでとうございます。
2012年はPS3とPSPにてソフトリリースをさせて頂きました。
今年はどうなるんでしょうかね。
何はともあれ、本年もよろしくお願いいたします。


まずはなにより1/18の「まじこいA」ですね。
こちらダウンロード販売でDMMさんからの購入となります。
私はDMMアカウントは持ってるので問題ないですが、持ってない人はぜひとも登録して
DL購入をおすすめです。


にしても...年末年始は久しぶりにじっくり休日をとりました。
休日はとっていましたが毎日PSO2してましたので「ちゃんと休んだか?」と聞かれると
「う~ん...」と返事を濁します。

年が明けてアニメもすっかり切り替わってますね。
今期注目は「ささみさん@がんばらない」。
自分的信頼の新房監督&シャフトという鉄板製作陣。
OP曲もかなり好きですね。

あとは「まおゆう」とか。
なんとも狼と香辛料臭が個人的には嬉しくて。
普通に面白そう。


...さあ。
2013年もはじまりました。
今年もちゃんと「がんばって」いい年にしていきましょう。
さしあたっては...あ、昨日の「はがないNEXT」まだ見てないや。見よう~。


それではまた、ごきげんよう。

今年もあと10日ほどですね

|
ごきげんよう、のえるです。


『今年もあと10日ほどですね』


2012年の秋アニメが順番に終わっていくので年の瀬を感じます。
あとはソードアートを見たら大晦日の「猫物語」で2012年アニメは〆ですね。

今年は...普通に休みが取れそう。
昨年の今頃はPS3版「まじこい」で大忙しでした。
なんせ予約までしてあったPSVitaを受け取りにいく時間すらとれずG.Fにお願いして取っ
てきてもらったこともありました。

たしかスタッフ日記を書く時間すら惜しんで作業をしてたため、12月は2回しか更新して
なかったようです。
そこまで時間が取れないのはいけませんねぇ。反省モノです。


さてさて。
今年は普通にお休みが取れますが、じゃあ何をするか?
...まあ、オンラインゲームですよねぇ...。
SEGAさんのファンタシースターの往年のファンなので、当然最新作PSO2も毎日イン。
ちなみにグラボ搭載ノートにもインストールしてあるので、もしどこかに出かけても
WiMAX使って遊べます。

そういや過去のフォンタシーシリーズのコンプリートセットがPS2アーカイブスとして
PS3用にリリースされたなぁ。
PSVitaでうごくPSアーカイブスだったらよかったのに...。


今年は久しぶりにのんびり自宅で年越しを過ごそうかと思います。
新年最初の挨拶はオンラインかな。

年末年始の準備、そろそろ済ませておかないといけません。
今日は切り餅でも買って帰ろうかなー♪


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

もう年末だというのか......(驚愕)
G.Fです。こんにちわ。

年末ですね。
のえる氏が今季のアニメを振り返っているので、自分はラノベなどを。
完結した作品もあれば新しく読み始めたものもあり、かれこれ中学生時代から
ライトノベルを毎月購入するのは途切れていないのですよね。

漫画やアニメの方がビジュアルの情報量は多いですが、ストーリーの進みが遅いので、
漫画よりも小説の方をよく買っています。
小説は1冊で大なり小なりある程度の完結をしてくれますからね。
それに目に見えない心象描写情報量は多いですし、想像力が養われます。

なので、小説で読んでから漫画や映像を見る方が好きです。
特にここ何年も、小説原作のアニメ化が非常に多くて、読んでいた人気シリーズは
根こそぎアニメ化になっている印象です。

そんなわけで今年読んだ中で印象的だったのはなんだろうか、と振り返って見たところ
こんな感じでした。


■魔法科高校の劣等生
■ソード・アート・オンライン
■織田信奈の野望

このあたりはアニメ化だったりで注目を集めたりかなり売れていますよね。
SAOと信奈はアニメ化決定後、アニメ視聴前に読んだ感じです。
どちらも既刊数が多く、まとめ読みしたので読んでいる間は幸せでした。
読んでも読んでも次がある感じはいいですね。
魔法化高校の劣等生はネットで公開している時に読んでいたのですが、
設定も詳細で、主人公が真っ当に活躍する話が好きなので、お気に入りです。

■インテリビレッジの座敷童

言わずと知れた「とある~」シリーズの作者、鎌池さんの新シリーズ。
魔術や科学と違う題材を使いながらも主人公への好感とロジック、爽快感はこちらも健在。
主人公(視点)が複数で試みも面白く、ヘヴィーオブジェクトと合わせて今後も楽しみです。

■俺はまだ恋に落ちていない

4巻で完結してしまった青春モノ。大きな題材があるわけでもないのですが、
とにかく登場人物が爽やかで読んでいて心地よい作品でした。次シリーズも期待です。

■魔術師オーフェン

新大陸編。いやー、懐かしい。そしてまさかオジサンになったオーフェンのシリーズが
読めるとは。90年代にあった骨太のファンタジーで近年みられないタイプなので
とても嬉しいです。

■氷菓(古典部シリーズ)

こちらもアニメ化を機にアニメ前に読了。
近年多いライトミステリーですが、作者がしっかりとしたミステリー作家なので
読み応えありました。アニメのディフォルメもよく、合わせて楽しめました。

■ロスト・シンボル
■Another
■館シリーズ

こちらはライトノベルではないですが今年読んだ本で印象深かったものですね。
ロスト・シンボルはダヴィンチ・コード、天使と悪魔も読んでいたので続いて読了。
アメリカに生まれていたらもっと身近で楽しめたかなぁ、と少し悔しいです。
もちろん耳にしたことのある場所ばかりなので非常にワクワクしながら読めましたが。
Anotherがラノベ枠ではないのは、アニメ化情報前に読んでいたので。
そしてその流れで虫食いで読んでいた綾辻さんの館シリーズを奇面館まで制覇しました。
ミステリーのかなりの要素が詰まっておりバイブルですね。


その他もたくさん読んでいますが、キリがないのでこの辺で。
電車の中ではほぼ小説読んでいます。
置く場所を考えて色々抑えている部分はあるのですが、そろそろ既刊数が多く
手を出していないシリーズ物に、また手を出したいなぁ、と。


それでは今週はこの辺で。


ディレクター G.F

ごきげんよう、のえるです。


『PSP版「君が主で執事が俺で~お仕え日記~ぽーたぶる」発売』


無事発売した...よね?
「君が主で執事が俺で」のPSP移植版の発売です。

内容はPS2版ベースに色々手直しをしたものになっています。
一番の違いはやっぱり画面比率。
いまでこそ当たり前になりつつある16:9という比率に調整してあります。

そしてこの日記でも何度か書きましたが、一番PSPらしいのは「データインストール」が
できることです。
メモリースティックにゲームで使用する画像や音などのデータをあらかじめ入れておく
事によりUMD読み込みより格段に早く動作させることができます。
このPSP版「きみある」では、実質音声以外をすべてインストールできます。

なので一度通ったルートなどをスキップして遊ぶ場合などは、終始UMD読み込みをしない
快適な状態でプレイすることも可能です。

さてさて。
そんなPSP版ですが、当然PS2から追加した部分も。
まずPS2版で追加されPSP版にも当然入ってる、揚羽ルート。
そちらにイベントCGが大幅に追加されております。
中にはPS2版の頃には大人の事情でで収録はできなかっただろうというイベントCGも今回
は収録されています。

そしてもう一つ大きなおまけ。
一人留守番をしている錬が、なぜか部屋にとじこめられてしまうので脱出をはかるという
いわゆる「脱出ゲーム」がミニゲームとしてはいってます。

こちらは室内各所にあるアイテムや情報をもとに、とじこめられた部屋から脱出するとい
う定番のゲームです。
とはいえキャラ達個人の部屋はそれぞれの特色があり、おいてあるモノも違えば脱出する
ための手段も色々です。

...正直仕様設計書をもらって「めんどくせーっ!」って思いながらやりました。
いやー面白いけど、案外大変でした。
でも今回「ミニゲーム」だったので「超本格脱出ゲーム」にくらべたら、かなり易しい
部類だと思います。

なにはともあれ。
PSPという携帯ゲーム機でいつでも遊べるようになっていますので、空いた時間などに
ちょくちょく遊んでいただけたら嬉しいです。

あたりまえのことですが、頑張って作ったので手にとってもらえたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

パソコンは消耗品だと割り切ろう

|
ごきげんよう、のえるです。


『パソコンは消耗品だと割り切ろう』


毎週購入している週刊アスキーに、最近メーカーPCの特集が載っていた。
少し前にはNECのパソコンが掲載されて、PC-8001からが掲載。

私の中でかなりNECがメジゃーに感じたときの主力PCはPC-8801mkIIシリーズだったけど、
世間的にはPC-98あたりが出てきた位なんでしょうかね。

今週号ではVAIOの歩みが掲載されてました。
実は私が一番最初に購入したパソコンはデスクトップのVAIOなんです。
なによりVAIO特融のグレーカラーを基調にしたデザインが気に入って。

といっても初めて買うパソコンだったので、機能は控えめの初心者向け。
それでも当時の値段で14万しました。

いま14万だせばハイエンドグラボ搭載のPCが楽々買える値段ですね。
それでも当時購入したPCではHDDは内臓で40GB、CPUも「Celeron」の700あたりだったかと。
メモリも最初は64KBしかなくて、128KB増設して192KBにしてました。

何より今のPCと違うのは「ダイヤル接続ボード」がついており、接続方式が違ってました。
USBも1.0規格で、後々2.0のボードを買って自分で増設しました。

またグラボなしのオンボPCだったので、後にROなどを遊ぶときに少しでも快適になればと
補助電源不要のRADEONをさしたりもしました。
他にもキャプヤボードやTVチューナをつけたり、結果かなりの金額をつぎこんでPCを弄り
たおしたものでした。

とはいえ。

PCはいつまでも増設&強化で維持できるものではありません。
この後「Pentium」が主流になったあたりで、買い替え...というかメインマシンの交代をし
ました。
古いPCはサブマシンで、新しいPCは今でいうBTOで購入。

そして世間が「コア2」になってきたあたりでまたPCを買い替え。
コア2主流になったあたりで、2回ほどPCを購入してます。
どちらもBTOですが、デスクトップx1とミニタワーx1。

そんな感じでいよいよ「Sandy Bridge」時代へ。
ここでCorei7-2700を購入して、グラボも搭載したゲーミングPCを購入する段階へ。
最後に「Ivy Bridge」になってからは、グラボ搭載のノートPCも購入。

こうなるともう過去のPCはどうするか?
もうどうもこうもないです。
今のPCには使える部品は一切ありませんからねぇ。

どうしても!というならばPCケースくらいしか。
しかも電源なども全部外して。
昔の電源より今のほうが全然優秀ですからね。

値段や思い入れを考えると、なかなか手放せないPC。
ついつい手元に残してしまいそうですが、思い切って手放していかないと。

...まあ、新しいPC手にしてその性能におどろくと、古いPCなんてそっちのけなんですけど
ねえ実際は^^

さてさて。
そろそろホントにGTX660が欲しいな...。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。


......いや、きみあるに触れろよ! By G.F


仕事をするってことは?

|
ごきげんよう、のえるです。


『仕事をするってことは?』


この日記を書いてるのは11月9日。
あと20日でPSP版「きみある」発売ですね。よろしくです~。


さて。
ふとした事より「仕事をする姿勢や意識」ってものを少し考える機会に。
例えば今日も少しあったのですが、ディレクターであるG.Fと製作上での意見の衝突。

お互いこうしたほうがいいだろうと、多少声を荒げて言い合ったり。
一見その場面をみてると「喧嘩でもしてる」と思われるかもしれません。
...でも。


良い物を作ろうと本音で意見をぶつけあうって、必要なことですよね?


渡された仕様をそのままただ作り上げて、面白いかどうかも検証せずに世に送り出した
作品に魅力なんてあるでしょうか。
いろんな人が製作に携わるのだから、同じ数だけ意見があっても当然で。
その意見をちゃんと話し合っていくことって、当たり前だと思う。

けど今ってどうなんでしょうね。
どうにも自分の意見を言わない、持ってないという人も結構いて。
そのくせ不満は自己の中だけで増幅させてしまって。

なんというか...会社に入って仕事するって「能力だけあればいい」ではないってことを
久々にちょっと考えましたね。


あと。
こーゆーディスカッションが不足してるとオンゲーみたいな随時仕様の更新が必要な
ゲームの運営が迷走しちゃうんだろうなーとか思ったり。
どこのファンタシーでスターなオンラインかは言いませんけど。


自分の意見くらいは言えるようになろうや。ね?


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

ネットマナー、どうでしょう

|
ごきげんよう、のえるです。


『ネットマナー、どうでしょう』


2012年も気づけば11月。
秋アニメも出そろって、何を見る・何を撮るかがある程度決まって。
そんな中一番楽しく見てるのは「ひだまりスケッチ×ハニカム」。
みなとタイトルでもお世話になっている後藤さんもでてらっしゃいます。

そんなアニメ達を見ててたまに思うのが「作画」について。

今の風潮...少しでも作画に違和感があれば「作画崩壊だ」と揶揄するようで。
実際に「ああ、ちょっとひどいな」という場合もありますが、中には過剰なことも。
特に顕著なのは今季やっている「ハヤテのごとく!」のアニメかと。

過去2クールを2回分放送して、TVアニメとしては3回目の放送。
でも実際は途中にあった劇場版からの流れをうけて、キャラクターデザインも一新して
開始された「別シリーズ」なんですよね。
でもまあ、当然そんなことを知らないで見て「作画崩壊だ!」と言う人もいるわけで。

なんというか...知識もなく不用意に発言できてしまう現在のネット環境。
これってもうどうしようもないんでしょうかね?

以前のまだネットが整備されてない頃などは、発言権のある人物が相応の場所にて
意見を述べる...という形でした。
そうではないものは、それを受けるだけで。

それが今は特別資格も必要なく、だれでも自由な発言が可能。
その発言に関してもとりわけ責任を追及されるようなことも稀で。

なんというか...私としてはもっと、そうアレです。
「コードギアス」でゼロが言っていた、


「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるヤツだけだ」


という感じ。
発言をするのにきちんと自覚意識のある人だけにできないもんかと。
まぁ、ムリで夢物語なのは重々承知です。

それでもやっぱり、ネットでのマナー。
なつかしい言葉でいえば「ネチケット」を意識したいものだなーと常々。


だからこそ。
オンゲーで一期一会のふれあいがあるとうれしいです。
つい最近、時間限定で緊急発生するクエストに行ったとき、知らない人がパーティーに
参加してきました。
クエ中は無言で必要な受け答えのみでしたが、終わった後に雑談をしました。
どこのだれかは知りませんが、きちんと礼儀正しく受け答えして気持ちよかったです。

こういったことがあると「まだまだ捨てたもんじゃないね」と思ったり。
日本人の心情は「察し」と「思いやり」ですね。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

日本の秋、ゲームの秋?

|
ごきげんよう、のえるです。


『日本の秋、ゲームの秋?』


PSP版「きみある」の発売日があと一か月となりました。

以前PS2で発売したものをPSP用にブラッシュアップして、より遊びやすくしてあります。
また、揚羽様ルートには多くのCGを追加。
またいろんな部分を地味に修正したり。
たとえばPS2では見せられなかった物を見せていたりとか...。

なによりPSPではメモリースティックにデータをインストールして快適に遊べます。
ゲームデータの音声データ以外をほぼインストールできますので、是非インストールして
遊んでみて下さい。

それにしても...ホントPSPは面白いですね。

やっぱり携帯ゲーム機でありながら、もう据え置き機とくらべても劣らないゲームが出せ
るようになって本当に面白くなりました。
自宅のREGZAはPSPを画面一杯表示できる機能があるので、あまりにもゲームが楽しい時は
帰宅後もREGZAにつないで遊んだり。
おかげで据え置き機の稼働率が下がる下がる。

さらに言えばPSVita。
こちらの性能はもう本当に高いです。
上手く作ればPS3並みかそれ以上のクオリティでゲームも作れそうです。
...Vitaでもなんかやりたいなー...。


最近はスマホやらでのゲームが主流のようで。
でも私は古い人間なんでしょうね。
「ゲームはゲーム機でやりたい!」って思うんです。
PCゲームを遊ぶときもゲームコントローラを使って遊びます。

逆にPCのアクション系ゲームをキーボード&マウスで操作してるのを見ると、なんとも
不思議な感覚を覚えます。
こんな固定観念はモノ造りを生業にしている人間には点滴なんですけどね。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

あばよ涙、よろしく勇気!

|
ごきげんよう、のえるです。


『あばよ涙、よろしく勇気!』


幼い頃胸を躍らせて見ていた特撮ヒーロー。
ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊。

そんなシリーズの他にも、夢中になっていたのは「メタルヒーロー」シリーズ。
とりわけその中の「宇宙刑事三部作」は別格だった。

その中の一つ「宇宙刑事ギャバン」。
年初めにゴウカイジャーとの共演映画、そしてこの秋にギャバン単体の新作映画公開。
いやー...いいですねぇ。

ヒーローは大好きで。
でも私の好きなヒーローは「単純明快!完全懲悪!」。
最近はストーリーに複雑な背景がみえかくれして、素直にヒーローをヒーローとして見れ
ないこともしばしば。

だからこんなにもわかりやすいヒーローは本当に好き。
それに出演者や主題歌を大事にして、往年のファンが喜ぶ作品にしてくれた。
今回のコンバットスーツも本当にピカピカのシルバースーツで。


ああ...これが当時のスタッフさんが追い求めた理想のコンバットスーツ像か...


と少しグッときました。

しかしまあ、実際のテレビ放映から30年ですよ。
よくもこんなにも私の中に残っていたなぁと。
まあ、実際宇宙刑事は本当に好きで。
放送が終わってからの30年間。
その後、この宇宙刑事たちのことを思い出さなかった年はあるか?
そう聞かれたら答えは明確に「ノー!」です。
特に宇宙刑事のベストアルバムを購入した後は、何度も聞いてしまって。


最近、ニコニコ動画さんにて一挙にテレビシリーズが放送されましたね。
できる限りみてました。懐かしかった。
そして、やっぱりレーザーブレードのBGMが来ると鳥肌です。
宙明氏の仕事は最高ですが、このBGMは至高です。

久々に懐かしさに熱くなりました。
今年に入ってから二度目です。
一度目は「聖闘士星矢」でした。


こんなふうに何年たっても心に残るモノ、いいですね。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。


純愛ロード爆進中。

|
純愛ロード爆進中。
G.Fです。こんにちわ。


ひとまず「きみある・ぽーたぶる」がマスターアップしたので穏やかに過ごしています。
PSPでちょこまか動くキャラクターたちはなんだか丁度良さを感じてお気に入りです。
まったりシナリオを楽しめるADVは携帯機がよく似合います。

据え置きよりは気軽に、しかしスマホよりは音声やビジュアルを豪華に。

作品自体は5年ほど前の作品ですが、ハードの解像度が進歩している昨今と比べても、
PSPで遊ぶ分にはギャップも感じませんし、良いですね。


少し話変わって、昨日「ひだまりスケッチ」の第四期がはじまりました。
いやぁ、間に合って、よかった。
まだまだ大変なのだとは思いますが、お身体を大事に、また全開でご活躍されることを
祈っております。


さて、辻堂さんの純愛ロードも絶賛プレイ中。
マスターアップの喜びと開放感の中普通に買いに行きましたよ、ええ。
個人的には第一印象で姉、と、メインヒロイン以外を選ぶダメ人間でしたが、
これは辻堂さん好きになるなぁ、という印象です。
しかしながらマキさんも気になるお年頃。辻堂ママはラブラブなので置いておきましょう。

一方「まじこいA」の情報も公開されました。
おぉぉぉ......第一弾パネぇです。まさに俺得。ついに来たか!! という感じです。
半ば諦めていたので......。諦めなければ試合は終了しないんですね。ヒャッホイ。

意味不明だと思うので18歳以上の方はみなとそふと様のHPへ。


それでは今週はこの辺で。


ディレクター G.F

忙しさの向こう側へ...

|
忙しさの向こう側へ...
G.Fです。こんにちわ。

君あるぽーたぶるの開発の方は、あともうひと踏ん張りです。
夏の終わりと仕事の収束が重なると、なんとも言えない気分になりますね。
この仕事は一つのプロジェクトに長い期間をかけて行う仕事なので、
余裕のある時期とない時期が一ヵ月単位で変動するので忙しい時期に重なると、
ひと季節まるまる仕事漬け、ということが多いのです。
(もちろん準備や仕込から入れるともっと範囲は広がりますが)

今回はまさに夏をまるまる捧げた感じになりそうです。
今回は移植タイトルだったのでひと季節くらいで済んでいますが、
場合によっては年単位で捧げる場合もありますからね。

しかし、長い仕事期間でいつも感じるのは「浦島太郎感」です。

私の場合、忙しい時期は仕事の方に一番に頭の容量を割り振っているので、
他の情報にたいして耳に入っても、一時フォルダに放置、という感じになったりします。

その為、ふと余裕ができた時に色々な情報に目を向けてみると、
「あ、もうそんな時期か」とか思ったりしてしまうのです。


そんなこんなでiPhone5の発表とWiiUの発表がありましたね。

iPhoneユーザーではないので、直接の興味と言うわけではないのですが、
IOSを扱う為にiPod touchは使用しています。
前回のOSのアップデートで「俺もSiriで遊ぶぜ!」と息巻いて orz したのは
まぁ良くある話で......。
それが第5世代では使用可能となる、と言う点には興味深々だったりします。

WiiUについては、一応この辺で仕事をしている以上アンテナを張って置こうと
思っていましたが、性能的には次世代機、というよりは現世代機、と言う感じなんでしょうか。
ただ、値段設定を見て思ったよりは安いと感じたので、この辺りは実際にゲームを
見てどうなのか、というところなんでしょうか。
ロンチタイトルの方は安定の布陣のようですし、低年齢層に強い任天堂さんからすると
良いバランスなのかもしれませんね。

次世代機として先行、というよりは、現世代機の中で優位なポジションを、
という感じもします。
そして、タブレットタイプのコントローラーは、どんな「ならでは」なゲームを
生み出すのか注目したいです。


そんな中、私は据え置きのゲームなどやる時間がなかったので、Vitaでゲームアーカイブスの
FF8を電車でやる始末......。そして夢中になってしまう始末です。
来週にはTGSもありますし、私ももう少し先端を追いかけねば......。


それでは今週はこの辺で。


ディレクター G.F

暑さと熱さ。

|
暑さと熱さ。
G.Fです。こんにちわ。

まだまだ暑い日が続いていますが、なんとなくまだ35度を越えたりしているのを
みると、まだ夏が終わっていない! という感じで変にホッとしたりもします。
大きなイベントが終わり、盆も過ぎ、学生たちの夏休みも後僅か......。

暑いのは好きではないですが、熱いのは好きです。
その熱気が引けていくと、寂しさを覚える物です。

セミも最後のひと踏ん張り! という感じの鳴き方が多くなってきたように思います。

そんな中、君あるぽーたぶるの開発の方はなんとか快調です。
まだまだ終わりではありませんが、大詰めではある感じですね。

久しぶりに揚羽様ルートを遊びましたが、まじこいでの落ち着いた揚羽様と違って、
若く熱い揚羽様が初々しくも感じ、また当時とは違った印象で楽しめました。

揚羽様ルートがあるのはコンシューマ版だけなので、まだ未プレイの方、
まじこいで揚羽様ルートはないのかぁぁぁぁ! と叫んだ方などは是非。
特に、今回のぽーたぶる版ではイベントCGも増えていますので、
PS2版をプレイされた方も楽しんでいただけるかと思います。
新規CGの揚羽様、可愛いです。

この学生揚羽様と小十郎の熱さを以て、夏を乗り切りマスターアップへと向かいたいと思います。

しかし......小十郎は変わらないなぁ。


それでは今週はこの辺で。


ディレクター G.F

ごきげんよう、のえるです。


『夏といえば何? コミケ? そうなのかー』


夏コミ開催ですねぇ。

私は連日PSP版「きみある」の開発作業に着手しており、コミケ参加どころかオリンピック
すらまったく見てない(見れない)状況です。

どのくらいかというと...ファンタシーな2のオンラインゲームすらまとも遊べていないと
いう状況です。
シリーズは対応ハードは2個以上買って複数アカで遊ぶ私にとって、現在の遊んでなさは
驚異的。
「面白くないからやっていない」というワケではないのでやりたいくて仕方ない。

そんな今年の夏ですが...今回の夏コミって目玉はなんでしょうね。
まあ、例のごとく「なのは完売!」とかは恒例行事だとして。

もう夏と冬には必須のイベントとなってますが、なんというか昔のコミケを知ってる人間
からするといろいろ考えてしまいますね。
いつからでしょうね、企業ブースの物販イベントとして名高くなったのは。
良いことだとは思うけど...何故かちょっと寂しいです。

もっといわゆる「同人誌即売会」という文字が似合うようなイベントだったんですけどね。
なんというかテレビなどで大きく取り上げられてくると、古参ファンって以外と離れてい
くものなんだなぁと自分で実感です。

とはいえ。
今でも行けたら行きたいですけどね。
といっても企業ブースじゃなく、普通にサークル目当てです。
まあ、今は動けないので後々とらに委託されたら買うことにしますか。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

タグ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30