staffblogでタグ「秋アニメ」が付けられているもの

気温の変化がデンジャラス

|
気温の変化がデンジャラス
G.Fです。こんにちは。


ここ一週間ほど、気温の変化が激しいですね。
数日前には、涼しくはなったものの、まだ昼間が汗がにじむ......と
思っておりましたが、この週末、北海道では雪が降ったとか......。

風邪には十分注意しましょう~。

さてさて、週末から今週はついに「真剣で私に恋しなさい!」のアニメが放送開始です!
東京圏(MX)は月曜日でしょうかね。
自分も視聴はまさに今日の予定なので、全裸待機...は風邪をひくので大人しく録画準備を
して待機しようと思います。

そんなわけで、今週も早々に勝手に応援分室~まじこいS 秋の陣・清~。

アニメはどういう流れで進むのか、非常に楽しみです。
ゲームと違い、カメラの固定概念が少ないアニメならではの迫力や、
たくさんいる登場人物同士の絡みもガヤガヤ楽しく見れるでしょう。

のえる氏は既に一話見たとのことで、微妙に情報を聞きましたが、
正直、聞いただけでは想像を絶していました。いや、え、まじで? と。

聞いた話の真偽は、本日じっくり堪能しようと思います。


さて、体験版公開から一週間以上が経過し、記事や話題にたくさん上がっているようですね。
みんな楽しみに待っていたんですね......いや、分かるよ、うん。
予約も開始されたので、早めにしておかないといけないですよねぇ。
......どこで予約しよう......迷い処。
のえる氏と秋葉的な場所に繰り出して吟味しようかと思います。

体験版については、京トラップはなかなかたくさんの方が引っ掛かったようで、
みなとそふと様のHPに対応が載る始末。
前作にもたくさんあった京トラップですが、今回はさらに強力になっているということですね。
さすが「S」!

とりあえず、アニメの放送を楽しみに、今回はこの辺で。


ディレクター G.F

茜空、秋茜、秋アニメ

|
茜空、秋茜、秋アニメ
G.Fです。こんにちは。

夏が過ぎていくので、次は秋アニメ。
ペナントレースの終盤でもありますが、CSが導入されてから、優勝争いがあまり
盛り上がらない気がします。まぁ、Aクラス入りへの戦いが盛り上がるので、一長一短ですかね。

さて秋アニメ。
前クールはのえる氏と「うさぎドロップ」に夢中だったので、今期も毎週楽しみなアニメが
出てくることを期待したいですね。

ちなみに「うさぎドロップ」は1クールだったので、アニメが終わるまでは、と我慢していた
原作をアニメ終了後に読了しました。
アニメのパート以降の展開が、結構急だったので戸惑いましたが、別の感覚で楽しめました。
最後は、あぁ、確かに最初からこういう布石があったか、という終わり。
アニメのままで終わっても良かったかな、という部分と、最後まで読んで良かった、という
感想が半々でした。
映画はどうしよう......。

秋アニメは、とりあえず礼儀として「ルパン三世」は見るとして、後は「真剣で私に恋しなさい!」は
正座して見るとして......後は、最初を見て判断でしょうか。
あまり予備知識を入れないで見て見ようかと思います。
ガンダムの新シリーズは、低年齢層向けのようなので、自分は楽しめるか分かりませんが、
きっとそれでいいのだと思います。
自分は今更のように無印SEEDを見直したりして、今更のようにVSシリーズのゲームを引っ張り
出して来て遊んだりしている程度のガノタなので。

ゲーセンに最近行っていないので、年末に出るVSシリーズの移植を楽しみに待ちます。
もう、ゲーセンで現役の人々と戦うのは無理な気がしますし(汗

後は「UN-GO」でしょうか。
予備知識なしですが。ノイタミナ枠でボンズさん......まぁ、個人的に外れる気がしない。

ともあれ、冬の「偽物語」まではまだ時間があるので、色々楽しみたいと思います。



それはさておき、勝手に応援分室~まじこいS 晩夏の陣・肝~。

さぁ、今週はサンプルボイスとビジュアルでシルエット公開されていたキャラクターが
登場していますね。あらかわいい。

しかし、また新たな舞台があるとのことで、どこまで広がるまじこいワールド!
まだまだ謎に包まれた部分が多いので、これは楽しみに待ちましょう。

そして、もうすぐ、22日には、ついに 体 験 版 公 開 ! です!

あぁ、楽しみですね。
買うのは確定なので、発売まで待つのも一つの手ですが、話題に乗り遅れるのはやはり寂しい。
というわけで、即プレイする予定です。
......仕事が終わったら。

ちょうど、作業が集中しているので、進めるのは少しづつになりそうですが、まぁ、それもまたよし。


ではでは、今回はこの辺で。


ディレクター G.F

さあ、アニメの改変時期だ

|
ごきげんよう、のえるです。


『さあ、アニメの改変時期だ』


9月も気付けばもう下旬かと。

何故か今年の夏アニメは全11話構成が多く、まだ2週間分の猶予がありながらも最終回を
迎えてしまった作品も多いです。

今夏アニメで楽しんだ「うさぎドロップ」「異国迷路のクロワーゼ」も終わってしまいま
した。
双方方向性も世界観も絵柄も何もか違いますが、「人と人のつながりの大切さ」を丁寧に
描いた良い作品でした。
春アニメの「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」に続き、素直な気持ちで見れま
した。
ここ最近のラノベ→アニメ化の乱立から「ファンタジー要素」の含まれた作品が多いなか
やっぱり人の心を打つのは日々の生活なんだなぁと感心。


だからこそ。
「ファンタジー要素」が入ってるのに「凄い!」と感心しながらも、色々考えさせられる
作品は格別に感じます。

そんな作品あったかな?
個人的にはソレに該当しそうなのは冬アニメにある「偽物語」ですね。

正直言ってしまうとアニメ化を聞いた瞬間は「やった!」という気持ち半分。
もう半分は「えっ!?アレを映像化するんか」というもの。

今思い返せば「化物語」もアニメ化するのは難しいと思うが、現在既にそれはシャフトの
底力によって実現している。
だからこそ「偽物語」にも期待してしまうし、思いを寄せてしまう。
...シャフトさんこそ「現代の怪異」なのかもしれないですね。


...こほん。
ちょいと話を戻して。

春&夏アニメでも一つ終りを惜しんで見てる「花咲くいろは」。
主人公の声優さんが伊藤かな恵ちゃんだから...と見ていた作品ですが、内容も面白くて
毎週の楽しみになってました。
この作品は特別な「演出」「設定」などはありませんが(旅館の孫って設定はさほど特別
とは思えないですしね)なんか昨今の学園モノで見られない「活き活きとした雰囲気」が
好きでした。


ただ...1回目の視聴はいいのですが、2回目は職業病というか。
画面をみながら、ちょっと気になる演出などがあるととたんにポーズをかけてコマ送り。
どうやって「今の場面を演出してるのか?」という研究をしてしまいますね。
ヤレヤレ。


さあ。
もうすぐ秋アニメ。
何を見るか?もうわかってますね。

アニメ「真剣で私に恋しなさい!」。

期待しましょう。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

タグ

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31