staffblogでタグ「西尾維新」が付けられているもの

ごきげんよう、のえるです。


『クリエイターの魅力は"良い意味で"の裏切り』


アニメ「化物語」や「刀語」で多くのアニメファンにも認知された作家、西尾維新氏。
かくいう私もその一人なのだが、このたび氏の描く「化物シリーズ」の最新作が発売され
た。

概要はファンより「ラスボス」などと賞されて愛されている「千石撫子」という妹の友人
で主人公に好意をよせているキャラ。
ただ主人公には「本当の意味で」お似合いの彼女がいる。
だから読者はその先どうなるのか...を知りたがってしまう。

この「化物シリーズ」は順列が破天荒であったりもするが、概ね時間が経過する世界。
そのため「いつか撫子が彼女と相対する日もあるのか...?」などという想像も。
何より本編「化物語(下)」では、色々と撫子は「やりっぱなし」な事項が多かった。

それらを含めた何かしらの話を、ようやく読める...!

そう思い購入することはなんら不思議はなかった。
なかったと思いたい。


ただ...作者が「西尾維新」だったという一点を除いて。


結果。

感想をわかりやすい単語でいえば「面白かった」だと思う。
じっくり読み進めようと思ったのに、結局購入したその深夜に読み続けて読破してしまっ
たのだから。

じゃあ「満足したか?」といわれると、返答に困ってします。
「不満があったわけじゃない。でも満足じゃない」
という複雑な心境になった。

でも作者に対しての思いはこれで決まりだろう。→「スゴイ!!」

アニメ化され多くの人に認知された中での新刊は、展開も含めて大変な時代。
それでもこの新刊は「西尾維新の すごい 裏切り」とでも言うべきか。
何度も言うけど「いい意味で」である。

裏切りというより、待ち続けたファンの思いを超越した展開を提供してくれた、と言うと
意味がわかりやすいか。


ともかく今回の氏の新刊、その内容=体制が色んな意味で刺激的だったのは事実。


「ああ、"本物"ってこれなんだ」


と実感させられた一冊でした。
これがまたしても「いい意味で」自身の励みになると嬉しいのですけどね。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

その「日本語」という存在

|
ごきげんよう、のえるです。


『その「日本語」という存在』


なんとなく、先週・先々週と「ライトノベルを題材に自身の嗜好性の変化」みたいな話を
かきましたが。
あのあとG.Fと色々話していたときに気付いたことがありました。。
なので今回ももう一度続き的な話になります。


さて。

私が「西尾維新氏の作品が読みやすい」と感じた一番の理由。
それはやはり、

「日本語が綺麗」

だからだと思います。
西尾氏の作品で本当にちゃんと読んだのは「化物語シリーズ」とあと数冊ほどですが、
一番知名度のある化物語シリーズは非常に時事ネタが織り込まれています。

しかしその織り込まれている文章も、もってまわった表現や不必要にじらす文章だったり
するのですが読んでいて不快に感じることがありません。
これはその書き手さんの文章が、自分にとって読みやすい他なりません。

ではどんな文章が読みやすいのか?
無論個人差はおおいにあります。しかしその中でも多くの人が読みやすいと感じる文章は
やはり「整った日本語」だと思います。

西尾氏の作品を見ると、たしかに時事ネタにまじえてその時その時の流行言葉を織り交ぜ
て愉快痛快な文章を構成されております。
しかし、その根底に氏が「日本語」を非常に丁寧に会得している部分があるかと。

この「日本語」をきちんと自分のモノとしている人物は、当然自身がつむぎだす文章も
それに習ったものになると思います。

「キレイな日本語」で歌を作られていたシンガーソングライターの村下孝蔵氏。
彼の作る歌詞は本当にキレイな日本語でした。
氏の書かれた歌詞は一部の和製英語(シャツやグラスなど既に日本語になっている言葉)
以外はすべて日本語でつづられています。

小説と歌という違いはありますが、私は両氏の書かれる文章からは「日本語が好き」とい
う思いのようなものが伝わってきます。


ゲームだってそうですよね。
特に私が主に扱うアドベンチャーゲームは「文章」が主軸。
この文章が読みにくかったりすると、とたんにゲームをプレイするのが苦痛になり好き
な設定やキャラ、絵描きさん作品であっても投げ出してしまいます。

世の中には数多くのゲームがありますから、中には最初の一文で不愉快になるほど文章
構成が破綻しているゲームすら存在します。
...チェックする人いないのかな? いくらなんでも不自然な文章だろう...と。

「文章」は、「言葉」とはいろんな意味で重要だなぁと改めて実感しました。


というところで今回はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう~。

タグ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31