staffblogでタグ「水曜どうでしょう」が付けられているもの

腹を割って話そう!

|
ごきげんよう、のえるです。


『腹を割って話そう!』


北海道のローカルバラエティ番組として開始され、いまや全国区になって何度も再放送が
されるという前例のない怪物番組「水曜どうでしょう」。

この番組のディレクターを勤めた藤村D、そのよき理解者で仲間のカメラ担当嬉野氏。
二人が北海道の温泉宿でじっくりと話しこんだ対談(?)を文字にした本が発売された。
タイトルもずばり「腹を割って話した」。

これは前述したバラエティ「水曜どうでしょう」で行われた東北2泊3日ツアーで出演者
の大泉洋さんが藤村Dに浴びせられた迷言「腹を割って話そう!」が由来。

この「腹を割って話そう」という言葉の中にある事実。


『自分には"腹を割って話す"という事ができる相手がいるか?』

『自分に"腹を割って話す"という事をしてくれる相手がいるか?』


そんな事を考えてしまいます。
昨今では「他人を思いやる」という行為や考えが、「恥じる行為」とか「古い」という
風潮があります。
エヴァのミサトさんではないですが、日本人の信条は「察しと思いやり」だと思うんで
すよ私は。

でもコレは「他人の顔色をうかがって生きる」というのとは違うんですよね。
「周りに気を配る」という事と「周りを気にする」はノット・イコールです。
ただ...この「周りに気を配る」って行動、私の中では「社会人なら当たり前」なんです
よ。
会社という組織に所属している以上、どうあがいても必要な事です。
義務教育の学校というのは、そういった部分での人間的な教育もしてました、
ただ昨今では「教師による体罰」が「教師による虐待」みたいな扱いになり、生徒側も
それを理解して助長していたり。
「心の成長」分が不足してしまって、そのまま社会に出てくるようになってしまってい
ますよね。
まあ、だからと行って年配の人間がみな立派かといえばそうでもありませんが。

今日本はまだまだ大変で、これからも大変です。
そんなだからこそ、自分の責務を果たして「いつも通りの生活」をしたいです。

そこに「水曜どうでしょう」の最新作放送は本当にありがたい。
これを見ている間は無心で大笑いができます。
製作ディレクターさんは

「視聴率はどうでもいい、俺や皆がやりたいこと、みたいことをやるんだ!」

と製作しています。
だから楽しい。だから真っ直ぐ心に入ってくる。
私が尊敬する人物は沢山いる。でも生き方、あり方で尊敬する人物の筆頭は彼だろう。

そんな事を考えながら今日もゲーム製作をしています。
私の作ったゲームで、どこかの誰かが心の底から笑ってくれることを願って。


今回はここまでです。
それではまた、ごきげんよう。

三月に入ったので、雪が降りました。
G.Fです。こんにちは。

ってなんでやねん。

一度暖かくなると、少し冷えても、またすぐ暖かくなる、と高を括ってしまいます。
明らかに寒くて霜も降りているのに、以前より薄着をして震えていました。
季節の変わり目なんでしょうが、巻き戻るのは嫌ですねぇ。

そして、なんとついには雪が降りました。せめて小雪なら良かったのに。ウェーイ。

......色々な意味で寒いですね。大変です。

地元北海道でも積雪が大変なことになっているようで、雪かきが大変なようです。
「わぁ、雪よ。雪ってキラキラして綺麗ッ」
「うん、そうだね、でも君の方が綺麗だヨ」
なんて言う奴らに雪かきと雪下ろしを体験させてやりたいもんです。

そう言えば、北海道と言えば、先日ついにアレが始まりましたね。

4年ぶりの新作「水曜どうでしょう」

まだ見れていない人や「なんじゃそりゃ」って人のためにも詳細は避けますが、
北海道で私が学生時代に猛威を振るったローカル番組です。
じわじわと南下を始め、DVDやケーブルテレビなどの放送で藩士を増やしているご様子。
今回の新作は、VODでの視聴が可能ということで、道外に居ながら新作をすぐに体験
することができました。JCOM万歳。

まぁ、本当にただただ地元の兄ちゃんが、バカなことをしているだけで、身近で馬鹿々々しい
番組のイメージなのですが、全国に広まるにつ入れて大ごと扱いになっている感じです。

しかし、ご本人たちは気張らず、いつも通りのテンションでございました。

誰かを笑い物にしたり、誰かをいじめたり、そういった類のバラエティなので、見ていて
ただただ純粋に笑えます。(自分たちをいじめて追いこんで笑ってはいますが)
テンポも良く、参考にもなりますし、ただただダラっと見ていても落ち着く、そんな番組ですね。

不変であることの面白さ。繰り返しの面白さ。地味に勉強になります。


勝手に応援分室~まじこいS・おれつれ 晩冬(えいじ)の陣・梶~。

さてさて、まじこいS。今週はついに川神通信Sに松永先輩が登場していました。
話し方や雰囲気がいち早く分かるので、必見ですよ。
HPの入口にも松永先輩のディフォルメキャラが居るのでブックマークしている方も、
一度入りなおしてみるのもいいかと。
今週の一枚絵も松永先輩と百先輩の関係が垣間見えて良いですね。
柔と剛の姉。どちらもバッチコイです。

おれつれの方はbugbug様での連載小説が続いている模様。
人気投票殿堂入り間近(?)のアリスが主役ですね。

しかし、ぽんこつはツッコミ役でいい味出してると思うんだけどなぁ。
これはアレか? お笑いコンビはボケの方が人気が出るってアレか?


それでは今回はこの辺で。


ディレクター G.F

タグ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31