staffblogでタグ「夏アニメ」が付けられているもの

夏アニメ充実してますにゃー

|
ごきげんよう、のえるです。


『夏アニメ充実してますにゃー』


少し前までは春&秋アニメは充実して、夏と冬は繋ぎ...的な感じでした。
しかし今年は充実してますね。

オンラインゲームが好きな私には「ソードアートオンライン」とかは特に興味深い。
オンラインゲームの世界を舞台にしたストーリーというのが、.Hackシリーズを思い出さ
せてくれます。

こういう作品について色々考えると浮かんでくるのは「アリスinサイバーランド」と
いう作品。
チバレイさん企画でPSやPCで発売されたソフトです。
発売当時、何故か私はものすごくツボってゲームやCDは無論、ムックや小説、アニメの
LD(当時はLDだった)のほかコラボのスナック菓子まで購入。

「そんなに面白いの?」と聞かれたら、答えは「う~ん...特には」なんですけどね。
特にここがすごい!的なモノはないのですが、世界観設定とかがすごく好きで。
あの当時に、ネットワーク世界舞台でここまでの構築ができていたのか...と今でもすご
いなぁと感心します。

こういう「世界の構築」って大事ですね。
ぶっちゃけ普通の学園モノでも、独自の世界は保持しているんですから。
そういった部分がしっかりしていると、物語がすんなり入ってくると思います。

そんな感じでしっかりしてそうなのは「ソードアートオンライン」。
ゲーム世界でのルールがいろりろしっかりしてそう。
もしソードアートのゲーミングマニュアルとかあったらじっくり読みたいです。
オンラインゲームマニュアルってなんか読んでるとわくわくします。

...あー。
そういえばあのドラゴンクエストもオンラインが開始しましたね。
私はwiiも持ってないのでまったく触れていませんが、どうなんでしょうかね。
まだはじまったばかりなので盛況かと思いますが、時期的に夏休みがおわったあたり
からが勝負なんでしょうか。
まあ、私はずっとファンタシーな方をやってますけど。


何はともあれ、アニメが充実してくるのは嬉しいです。
ちなみに今継続購入してるBDは偽物語とAKB0048だったりします。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

本当の夏が来た

|
ごきげんよう、のえるです。


『本当の夏が来た』


と言っても別に渡辺美里の歌のコトじゃないよ?

ここ最近の暑さ、お店に並ぶ冷やし系メニュー、いろんな要因で「夏」を感じますが、
やはり一番「夏が来た!」と思うのは、


夏アニメ本格スタート!


これですね。

元々原作が好きで読んでいた「ロウきゅーぶ!」や、今度は正統派内容で勝負の「アイ
ドルマスター」、他にもいろいろと注目作品があります。
でもその中で一際「おっ!?」と目を惹かれた作品は。


「異国迷路のクロワーゼ」


です。
舞台は仏蘭西・巴里。そこに奉公にでた女の子・湯音の物語なのだが、その子の描写も
さることながら巴里の町並みが綺麗で。

とても作品の雰囲気がいいので「誰が手がけてるんだ?」と思いスタッフ名を見ると、
シリーズ監修に「佐藤順一」氏の名前が。
ああ...納得。これはいわば「ARIA」の後継作品なんだ。

内容云々ではなく、あのARIAがもっていた素敵な雰囲気と同じものを持った作品な
んだと理解しました。これは期待。

佐藤順一氏が手がける作品はいつも「何か」があります。
前述に出たARIAではネオ・ベネツィアの描写と「水」の表現が秀逸でした。
他にも「ど真ん中青春サクセスストーリー」として名高い「カレイドスター」。日本で
はなじみの薄い「サーカス」をテーマにしてここまでの作品が出来るのは凄い。

なんというか...こういう人って「思いつき」もすごければそれを実行する「行動力」も
凄いんですよ。ただただ尊敬。
そうなんですよね。「こんなことしたいな」という「思いつき」はいわば誰でもできる
範囲のことなんです。アニメ業界の人間にかぎらず、ズブの素人でも。
でもそれをきちんと「行動」して「形」にできるのが凄い。
結果を見て「先にやられちゃったなぁ」と言うだけなら誰でも言えますからね。

だからこそ作品を作る立場の人間は、日々模索するんですよね。
相変わらず色んなアニメを見て、気になった部分はフレーム送りで見たりしてます。
後の自分の為に...なんてね。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

タグ

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31