staffblogでタグ「まじこいS」が付けられているもの

設定の提供と押し付け

|
ごきげんよう、のえるです。


『設定の提供と押し付け』


今期のアニメは色々と面白いので沢山見ている。
中でもここ最近少なくなってきたロボアニメが秀逸。
「アクエリオンEVOL」と「輪廻のラグランジェ」がそうなのだが...今週だけはちょっと
様子が違った。

というのも私の住んでいる所でこの作品を見る場合東京MXで視聴するのだが、どちらも
日曜日の夜と深夜に放送される。
自然連続してロボットモノを見れるのだが...今週はどちらもロボ戦なし!

話の展開も「敵対する勢力の一人が主人公側に偵察的な感じでやってくる」というような
内容で終始している。
※細かい部分は違うけどそのあたりは誤差で。

要するにロボアニメ第一段階の「正体不明な相手とある程度交戦」という段階を終り、
相手側が情報収集で乗り込んでくるとかそういった段階に入ったと。

しかしなんでしょうね。

正直言ってしまうと今のアニメ放映スケジュールでは、その意味合いが発揮できないので
はないかなと思う。
敵対勢力どころか主人公側にもまだ感情移入できてない昨今、よくわからんキャラが乗り
込んでくる展開は蛇足に感じてしまう場面も多々。

スケジュールや物語進行で仕方ないのだろうけど、見ている側が準備できてないのにどん
どん色々上乗せしてしまうのはもったいないきがする。
もっとも「準備できてない」のが世界で私だけだというオチもあるのですけどね。


こういう「設定の提供」が「設定の押し付け」になってしまうのは、アニメだけでなく
ゲームでも注意しないといけないことです。

以前とある恋愛アドベンチャー系ゲームを遊んだとき、プロローグ冒頭でいきなり彼女
にフラれてはじまる...という作品がありました。
私はそのゲームの予備知識をほぼ持たずにプレイしたのでその時の感情は「ショック」
というより「何だコイツ?」となってしまいました。

しかしゲームの中にいる私の分身のハズの主人公は、その元カノに会うと気まずそうに
したり未練があったりするような素振り。
でも私としては「鬱陶しいなぁ」と感じる相手。
そうなるともうプレイヤーキャラの行動に感情移入なんてできませんでした。

「これはそういう設定の物語なんだよ」

というのは分かります。
しかし積み重ねが何もない現実の感情はそう簡単には納得してくれません。
結局その他のヒロインは丁寧にプレイしたものの、メインヒロインだけはフルスキップ
でさっさとクリアだけした記憶があります。

遊ぼうとしているプレイヤーに「こうあって欲しい」という感情をちゃんと与えること
も物語には必要なんだなぁと痛感しました。


というところで今週はこのくらいで。
それではまた、ごきげんよう。

タグ

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31